« みんな優しい | トップページ | しつけ教室 36回目 »

キーワードは極楽

先日、クアドラとはじめと宇治の平等院へ行ったことをあるお友達に話しました。そしたらその友達が、「平等院行ったんやったら、雲中供養菩薩は見てきたか?」って。。。「へっ?そんなん見てきいひんかった」と答えるとその友達がやたらとガッカリして、あれを見て来ないと平等院に行った値打ちないって。(--;) おまけに、その菩薩様方、亡くなった方をお迎えに来られる時に、色んな楽器を奏でられるらしいのです。。。。「えっ?楽器??」とワタシの心が時めきました。どんな楽器を奏でながらお迎えに来られるんでしょう。気になって仕方なかったので、もう一度平等院に行ってきました。

U1

本日の宇治川。宇治とは山があって川があり、橋がある。フルサトの嵐山にとっても似ている場所です。

U2

よく無賃乗車をしてしまうワタシ。本日久しぶりに一人で外食だったので、お店に入る前に何度もお金を持っているか確かめました。(--;) 茶ソバセットを頂いて。。。

U3

宇治平等院へ。。。

U4

秋らしくススキが綺麗でした。

U5

1000年も前の建物が残っています。昔は朱色だったらしい。この鳳凰堂は今まで一度も火災にあったりしてないらしい。1000年って一口に言うけれど、長い。。。その間、地震や台風、色々なことがあったはずです。こんな古いものが今だに残っているなんてスゴイ!!

U6

そして今日はいつもの拝観料の他に鳳凰堂内に入るツアーにも申し込みをして、平成の大修理が終わったお堂の内部に入れてもらいました。ガイドさんから、大変古くて貴重な建物なので、柱などには絶対にお手を触れられませんようにとの注意があった。写真撮影はいかなる場合においても厳禁ですとも言われました。中に入ると3Mもの高さの大きい大きい阿弥陀さまが座ってらっしゃって、目が合ったときはそのあまりの存在感に圧倒されて思わず涙が出そうになりました。1000年もの間、この場にこうして座ってるなんて長い。。。そして古い!! 大阪城はたかだが300年ほど前に建てられたのにもう二度も火災にあっているらしいのになぁ。。。と思ったワタシでした。

Bo

これが雲中供養菩薩です。全部で52体あります。(国宝)。そのうち、楽器を持ってらっしゃるのが28体。内分けは弦楽器が6、打楽器は17、管楽器が5。 オーケストラと比較しても打楽器が多い。楽器を持ってらっしゃらない菩薩さんは舞いを舞われるらしい。音楽、舞いともにどんなものなのかすっごく興味が沸きます。ワタシ達が死んだら、阿弥陀様を筆頭に、この52体の菩薩さまが、音楽を奏でたり舞いを舞いながらお迎えに来られるらしいのです。そしてこの世の中で生きてきた生き様によって、9段階のレベルの台座に乗って天国へ向います。生き方上から上品、中品、下品とあって、それがまた3分割されていて、上品の上、中、下とあるわけです。一番トップの素晴らしい生き方をしてきた人はたいてい神様級なんだけれど、その人はダイアモンドの台座に乗って天国へ行くらしい。下品の下で生きてきた人は??多分台座なんて無いんでしょう。(涙)

U7

家に帰ってはじめにも、雲中供養菩薩さんを見せてあげました。

U8

そしてこのお花のステキな模様は「宝相華」の模様と言って、極楽に一年中咲く可憐な花をデザインしています。極彩色でなんと美しい花なんでしょう。みんなこの世に生まれたら絶対死ぬときがやってきます。今まで死後の世界に何の楽しみもなかったけれど、もしこんな菩薩さんがやってきて、音楽ならして踊ってくれるなら、それはとっても見てみたいのでした。それから天国に一年中咲いているお花にも会ってみたい。そのためには最低「中品の下」、あるいは「下品の上」の生き方をしていないと無理っぽい。そしてマルコはどこにいるんだろう。と色々と死後の世界について思いめぐらす一日でした。

« みんな優しい | トップページ | しつけ教室 36回目 »

コメント

死後の世界・・・
人それぞれの価値観ですのよぇ~。

多分、真実は一つなんだけど・・・。

しずかまま、ホント、真実はひとつなんでしょうね。それを確認するにはその世界に行ってみないと?って?!(^_^; さっき乳がんで余命一ヶ月の花嫁のテレビを見てちょっと落ち込み中です。。(--;)

私、いろいろな事を改めないと台座もないことでしょう。ぽぴんさん、私も『余命1か月の花嫁』撮っていたので見ました。小さなことにも感謝して、最後の最後まで笑顔で愚痴もこぼさず・・・
そういうのを見ると反省の嵐が私に襲ってきます。いつもです。毎日を大切にしてなくおざなりに過ごしてる自分が嫌いです(--〆)
少し変わらなきゃ・・っていつも感じるのですが、中々・・

歴史あるものを見ると心落ち着きますよね。ぽぴんさんは歴史ある街で育ち、身近に沢山国宝やら遺産があってイイですねぇ~♪私も樂がない割りには主人の影響でめぐり歩くの大好きです(^^ゞただし食事も楽しみ♪
やはり邪道・・・です(>_<)

あんこmama☆、あんこmamaも「余命一ヶ月の花嫁」見ましたか?!なんか号泣ものでしたよね、、(涙)あのお父さんもお気の毒で、、、辛かったです。ホント、歴史あるものを見るって心が落ち着きます。残っているというだけですごいパワーのあるものという気がします。あんこpapaさんも歴史めぐりがお好き?(*^_^*)そちらでは大仏さんのあるところ、鎌倉にも行ってみたいです。高野山とかもいいなぁ。。まだまだ行ってないところだらけで、台座のお迎えストップでお願いしたいところです。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みんな優しい | トップページ | しつけ教室 36回目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

Popworld 本館

  • Popworld
    メインのホームページです。