« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

祈り

海が汚れていく。
白い雪だるまに、黒い車のはねが掛かって汚れるより、もっと怖い。

こんな危険な汚れが次から次へと連鎖してもう止まらなくなったら
どうしよう。(;_;)

二度の被爆を体験した過去の日本。「三度許すまじ原爆を・・」って
歌を歌ってたのに。 三度目は、自爆?_| ̄|○

神様、なんで?? これ何のメッセージ??

何を謝って良いやら何やら、わかりませんけれど、神様に祈っています。

数字で祈ると 4649 4649 11 4649 と自分の暗号考えました。
ヨロシク ヨロシク 日本 ヨロシク の当て字です。

それを音符に置き換えると、ファラファレ ファラファレ ドド ファラファレ
となります。 同じなら、曲にこのテーマを入れて、祈ろう。

神様に届くかは全くわかりません!!!

美しい国日本に、またたくさんの方が訪れてくれる日が来ますように。(祈)

アイヌ古式舞踊 最終章

最終章は、会場の人も参加して舞台で一緒に踊らせてもらいました。

踊ったあと、「この踊りに参加してくださった人は幸せになれると言い伝えられています」
とアイヌのおじいさんおっしゃってましたが・・・

今のところ、あんまりいいこと起こっていない、私です、、、これから?!いいことあるって
信じましょ。。

アイヌ古式舞踊 第七章

3月11日に起こった巨大地震・津波・原発事故の余波がこちらにも及んできました。
私にとっても少なからぬ影響を受けています。東北地方の方の被害の比ではありませんが。

今日からいっぱい時間がありそうな気配の私です、、、

せっかくのアイヌ古式舞踊のビデオも、最後までやり遂げておきたいです。

最前列で見せてもらった、お盆投げ踊り。
指名を受けて、お盆受けさせてもらいました、、、

アイヌ古式舞踊 第六章

ムックリの演奏!! これを待ってました。
北海道で生まれた北海道の楽器。第一印象は、「変な楽器」だったけれど。。。

西洋の音楽は石の建物の中で生まれてきています。教会の中で良く響く楽器です。
合唱・オルガン・ヴィオラダガンバ・チェンバロとか。

このムックリは、きっと原生林とか大きな湖とか連なる渓谷のような大自然の中で
良く通る音なんでしょうね!!

まだまだ練習中の身の初心者ですが、猛威を振るって怒っている大自然の神様に
あなたを無視してごめんなさい。ちょっとでも感謝する気持ちを持ちますと、
いつか演奏を奉納できるくらい、上手になりたいです、、、

↑Mパパみたいな、いつも寝れるタイプの人が、地震のニュースで高ぶり不眠になって、同じ起きてるならと、編集したビデオです、、、(みんなそれなりにショックです。(;_;))

アイヌ古式舞踊 第五章

最近忙しく、近畿県内歩き回ってゲッソリ疲れています。_| ̄|○
足がだるくて仕方ないんですけれど、なんか良い靴ないでしょうか?

東日本で恐ろしい地震が起こり、自然の猛威の前にいかに人間が
ちっぽけな存在だったか強く見せ付けられました。(;_;)
被害に遭われた方に、お見舞いなんて薄っぺらくて言えない気持ちだけれど
心が痛んでいます。
黒い津波見たとき、完全に自然が怒ってると思いました。

毎日生活していたら、自分のことに精一杯で自然に感謝することも何も
忘れてしまってます、、、改めて、アイヌの人が昔から淡々と続けてきた
祈りに、深い意味があるように感じています、、、

持ち運べる楽器

今まで持ち運べる楽器って、リコーダーくらいだったけれど、(あ、バイオリンもちょっと
やってました) このムックリって軽くて持ち運べていいなぁ。
しかもお値段も安い、、、(^_^; 500円くらい?(^_^;

難しい方の伝統ムックリの方はひもが切れてしまって鳴らせなくなりました。
北海道からまた送ってもらわないと。自分でひも付け替えたりするの
できません、、、(+_+)

↑家でははじめに聴いてもらっています。(^_^;

アイヌ古式舞踊 ④

この踊りは大変ハードな踊りらしく、長い髪の毛ほほどき、それを前後左右に振って
大嵐の中で揺れる、アカエゾマツの様子を表現されているんだそうです。

アカエゾマツってどんなマツ?って言うのは、次の日にオンネトーへ行く原生林で
見ました。その時は穏やかな晴れで、全くどっしりと立っていて、この木があんな
激しく揺れ乱れるなんて、どんなすごい嵐なんだろうなと思いました。

最前列でこの踊りを見せてもらっていた私。女の人の黒髪から、ほんのりと
優しいシャンプーの香りが漂ってきました。 あ~~、アイヌの人も資生堂
ツバキとかなんとか。現代のシャンプー&コンディショナー使ってらっしゃるんでしょうね。
と思うと、なんか昔のものと、今のものが融合されて見えて、すごく不思議に感じました。

この衣装の模様、色んな意味で魔よけの意味があるらしいです。
胸元とか、足元とか。。。
森の中でも目だって、クマなどにも遭遇する危険を減らしているんでしょうか?

だとすると、この衣装着たら私もキンムトーとか神の子池とかいけるかな??
これ着て、ムックリ鳴らしたら鬼に金棒?でもないか、、、(+_+)

アイヌ古式舞踊 ③

アイヌの人は自分達の周りに存在するものひとつひとつに神が宿っていると
考えているのだそうです。 そんな風に考えると朝起きても

あぁ朝や。太陽の神様明るくしてくれてありがとう。はじめが、鳴いた。
今日も元気で吠えてくれて、犬の神様ありがとう。 トイレに行こう。
トイレの神様、ありがとう。って言う具合なんでしょうか。

そして頻繁にお祭りをして、その度に歌って踊ってお酒を飲むらしいです。

出来事→感謝→お酒。 出来事→感謝→お酒。

こんなパターンなんでしょうか。

じゃあ悪いことが起こったらどうするんでしょうか。聞いてみたいです、、、(^_^;

↑の儀式は、湖の神様、まりもを育ててくださってありがとう。そう感謝してきましたよ。と火の神様と身の回りの神様に報告しているんだそうです。

だけどなんかこういう考え方を知ると、「シンプルに生きる」っていう生き方を教えてもらえているような気がしてきます。

アイヌ古式舞踊 ②

アイヌ舞踊のサルルンカムイの舞いです。サルルンカムイはタンチョウのことです。
ずっと前から見たかった踊りでした。自分もタンチョウの曲を作ったことがあるので
本物はどう表現されているのかすごく興味がありました。そうしたら自分のとは
かなり違っていました。(^_^; 

踊りながら巻き舌で、トルルルル~~~みたいにやる、鶴の声?
こんなんが入ってる!! 私これ、すごくできます。(^_^; 一緒にやって
家にいるはじめを驚かせています、、、

この夜、一番最後の踊りで舞台に一緒に上がらせてもらうことになるのですが、、、(^_^;
できたら、今度この踊りもやってみたいです、、できたら、ツルの声役で。(^_^;

アイヌ古式舞踊 ①

北海道でムックリを習って約一ヶ月。 お店のおばさんに20分ほど教えて
もらっただけで、後はネットを見たりして試行錯誤。指にトゲがささって以来、
手袋はめてやってます。口から変な味がすると
思ったら口の中が切れて出血していたことも、、(^_^;

簡単なムックリは大分慣れたけれど、難しい方の元祖ムックリの方は
持ち方がわからずまだまだ上手く慣らせません。(;_;)

アイヌ古式舞踊を見に行ったときに、Mパパが舞台の最初から最後まで
ビデオで記録してくれていたものを、シリーズでまとめ始めてくれています。

これがあるお陰で、いつでも家でこれが見られてほんとに助かる、、、

「座り歌」

初めてこの曲を聴いたとき、シンプルな中にもカノンになっていて、なんて複雑なんだろう!!ってびっくりしました。
ところどころ、こぶしの様に聴こえる節回し?の声質にもすごく魅力を感じます。 
こういうのは楽器ではできないですね。
このシリーズ終わるころには、元祖ムックリももうちょっと上手になりたいけれど。。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

Popworld 本館

  • Popworld
    メインのホームページです。