« 2017年3月 | トップページ | 2017年9月 »

鳥取県 大山へ

東の富士山がダメなら、西へ行こうか? ということで、
どの山に登る? となり。。。。

マンションの階段昇りをやっているときに、管理人さんと出くわすこと何度も
あった中で、管理人さんの地元が鳥取で、「大山には三度登っています」と
聞いていたことが、ものすごく影響し・・・

大山に登ることにしました。

19時に、はじめをしつけ教室の先生のところに預かってもらい、

高速で大山登山道の駐車場へと向かい、車中泊。

朝の7時から登り始めました。

D1_2

すごく美しい森でした。 ドビュッシーの「夢」が頭に流れて来ます。

D3

平均斜度 8.1度です。

Hf1

9合目からの、素敵すぎる木の道。

どなたかのブログでは、頂上付近で、ベートーベンの第九が頭の中に鳴って来た。
と、ありましたが、わたしは、ゴダイゴの「ガンダーラ」が鳴ってきました。

ユートピア?ってこんなとこ、と思いました。 (大山の登山道には、
ユートピアルートというのが、本当にあります)

D2_2

高山植物も咲いています。

D12

10:25分。 無事頂上へ着きました。

D10

頂上の非難小屋(1階)では、ガスバーナーOKらしく、お湯を沸かして
お味噌汁を作り、持ってきたおにぎりと一緒に頂きました。

D11

登山など大嫌いだったMパパも、手を振る。(見える?(^_^;))

蒜山高原で働いていた時期があったらしく、大山は何度も眺めていたらしいけれど、
自分が登ろうとは、想像だにしなかったらしい。

D8

霧の合い間に見えた風景。

D9

そして下山に四苦八苦。 今回は、血豆こそできなかったけれど、
全ての人に追い抜かされていく、下山。 (;_;)

わたしの場合、登りと下りが、ほぼ同じ時間かかる、といううわさも。(+_+)

富士山は、伊吹山の3個分の高さがあり、大山の2個分の高さがある。

今回は、大山の頂上では頭痛は出なかったけれど、標高800メートルの
駐車場で頭痛が出た。 富士山以外ではお薬は極力飲まないで耐えることに
している、、、

そして、14:30に下山完了。 往復 7時間半かかりました。(標準は6時間)

D4

麓の温泉で汗を流し、お楽しみのビール。

D5

こんな定食も食べて。。。

D6

翌日は白兎海岸から・・・

D7

鳥取砂丘を回って帰ってきました。

☆教訓☆

このままでは、登山時間が掛かりすぎで、富士山は山小屋2泊コースになってしまう。

なんとか、山小屋1泊コースで収まるように、体力をつけたい。(;_;)

去年の失敗以降、甲山、六甲山、摩耶山、金剛山、生駒山、伊吹山、大山 
と練習してきています。今年は、↑の中で家から一番近い、生駒山で
速く上れる練習を、、、しようかと思っています。

そして、来年、お天気に恵まれて、富士登山ができますように。
本当に、できますように、。。。。

憧れの山は遠く

2017年、富士山への挑戦。 は、7月の初めと8月のお盆過ぎの二度に
渡って計画するも、両日程共、お天気が悪く敢え無く中止になりました。

Fujih

憧れの山の頂は、はるか遠く。。。。。

今年も、だめだったか、

残念だった、の一言です。 (;_;)

「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」。と言います。

富士山に登りたかったぁ。(;_;)

富士山挑戦へ伊吹山へ登る

昨年の夏の富士登山、失敗 から一年。
あれから、マンションの階段トレーニングをしたり、近くの山に登ったり。

とかく自分に甘い自分が、それなりに頑張ってました。
そして最終テストに、伊吹山が待っていました。

Mパパにも、去年のことがあるので、今年は、「伊吹山に登れなかったら
富士山もあきらめる」、と約束していました。

伊吹山は滋賀県の最高峰。 登山レベルも、上級の58で、富士山の
レベル59にも近いです。 

6月20日(火曜日)に挑戦。

I1

大阪を早朝4時に出発 → 名神で日の出を見る。

I2

あれが、伊吹山。 です。ヽ(´▽`)/
こんなんを、登る。 

I3

07:30 登山口出発。

I4

暑かった。。。。

I5

山頂に着いた。。。。。

わたしも、登れた。(;_;)

I6

山頂で山菜蕎麦をいただく。

お汁まで完食はできたものの、頂上では薄っすらと頭が痛かった、自分。
標高1377メートルでも、ちょっとした高山病になっている、、

そして、下山が長くて、辛くて、痛かった。(;_;)

足の小指に血豆が、できました。 それは、今このブログを書いている
8月20日、まで2ヶ月たっても、消えていません。

I7

帰りは多賀SAで牛筋カレーを食べて帰ってきました。

曲りなりにも、伊吹山登山成功で、富士山挑戦権を獲得した私。(*゚▽゚)ノ

普通の人が往復7~8時間かかるところを、自分は、頂上での休憩を
含めて8時間35分かかりました。

でも、はやり、、、、、、六甲山も登れなかった自分が、一年間で
上級クラスの山に登れたのは、、、

すごく嬉しかった。です。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

Popworld 本館

  • Popworld
    メインのホームページです。